相続する形態で違う相続問題

相続の種類や問題解決の方法

相続とは、人が死亡した場合に、その者の財産が他の人に移転する事です。
相続には『法定相続』『遺贈』『遺留分』があります。
妻と子を残して死亡した場合だと、通常は妻と子が『法定相続』をします。
しかし、死亡した人間に愛人がいて、その愛人に全財産を贈与するとの遺言を残していた場合を『遺贈』といいます。
しかし、妻と子供が納得出来ない場合は、ある程度の財産を愛人から取り戻す事が可能であり、これを遺留分減殺請求といいます。
あまり聞いたことのない用語が出てきますので、専門家に相談してみましょう。インターネットなどで検索すると相続問題の相談を無料で やっているところもあるので、「相続問題解決」などで検索しけ見ましょう。

相続人の範囲として、配偶者がいる場合は、配偶者は必ず相続人になります。
そして以下の者は配偶者とともに、配偶者がいないときは単独で、次の順位で相続人となります。
第一順位:子
第二順位:直径尊属
第三順位:兄弟姉妹
被相続人に配偶者と子がいた場合は、配偶者と子が相続人となり直径尊属や兄弟姉妹は相続人にはなれません。
子とは、胎児も養子も非摘出子も含まれます。

又、子が被相続人の死亡以前に死亡していた場合や同時死亡の場合は、孫が代わりに相続することができます。これを代襲相続といい、子と兄弟姉妹の死亡についてのみ認められます。
被相続人の死亡以前に子が死亡していた場合はその孫、兄弟姉妹が死亡していた場合は兄弟姉妹の子が変わって相続します。
配偶者とは法律上の配偶者であって、内縁の妻は含みません。
又、配偶者に代襲相続は認められない為、再婚した配偶者の縁組前野連れ子は、配偶者が先に死亡しても代襲する事が出来ません。

孫やひ孫は代襲相続出来るが、兄弟姉妹の孫は代襲相続が出来ません。 代襲原因は相続開始以前の死亡・相続欠格・相続廃除で相続放棄は含まれません。
相続人が複数いる場合の相続分は、
配偶者と子が相続人の場合
配偶者:2分の1 子:2分の1
配偶者と直系尊属が相続人の場合
配偶者:3分の2 直径尊属:3分の1
配偶者と兄弟姉妹が相続人の場合
配偶者:4分の3 兄弟姉妹:4分の1
子や直系尊属、兄弟姉妹が数人いる場合は、相続分を頭数で割ります。
又、養子の相続分は実子と同じですが、非摘出子の相続分は実子の2分の1になり、片親が違う兄弟姉妹の相続分は、 全血の兄弟姉妹の2分の1になります。相続人が大勢いる場合は、トラブルが非常に多いです。 身内であるが故に一度拗れた関係は、中々修復できません。相続で問題がある場合、まずは無料相談できるところで 話をしてみましょう

NEWS

2013/11/22
記事をアップ!!